スマートウォッチについて!各社比較してみた


こんばんは。

皆さんの周りにスマートウォッチを使っている人はいますか。

私の働くオフィスには10人くらいいます。約5パーセントほどですかね。

私は3年ほど前からSONYのスマートウォッチ3を使用しています。

多分オフィスで一番だったと思います。

僕がスマートウォッチが便利だなぁと感じるのは

電車などで誰にも気づかれずアラームを使えること。

そしてスマホに電話やラインがあった時にだれかすぐにわかって、文章も読める所。

これはかなり重宝します。この生活に慣れるとスマートウォッチなしではスマホの通知に気付くことなんて出来ません。

また、会議中にスマホが震えたとき、ポケットからスマホを確認するのって結構気を使いますよね。

そんなときにも手首を見るだけで誰からの電話かを確認できるので、とても便利なんです。

私も買ってすぐの間は周りにやいやい言われましたが、隣の課の課長が着け始めてからは何も言われなくなりました。w

もう今はそんなに珍しいものでもないですもんね。

そんなスマートウォッチを選ぶにあたって大事なチェックポイントは3つ!

 

電池持ちはどうか

これが最も重要です。

普通の腕時計に唯一劣る点といっても間違いないでしょう。

液晶のタイプではよく持っても3日。安いものでは1日も持たなかったり。。

mAhミリアンペアアワーという数字が大きくて消費電力が少ないものを選びましょう。

 

デザイン

デザインといっても文字盤のデザインは関係ありません。(液晶タイプは。)

というのも無限にダウンロードでき、カスタマイズ可能です。

デジタル表記にしたり、アナログにしてみたり、可愛くしたりかっこよくしたり。その日に合わせて変更できます。

 

OS

OSとはオペレーティングシステムという意味です。

androidmacなど。時計の基本を決めるのはここです。

安いからと言ってネットで買ってしまうと有名なOSが入っていなくて、カスタマイズはもちろん通知などもうまくいかず、スマートウォッチの良さがわからないままになってしまいます。

android もしくは mac。基本的にはこれを選びましょう。

ということで、上記のポイントを踏まえたスマートウォッチをご紹介しましょう。

 

1.SONY

 

[wena project] wena wrist active Black WA-01A/B

[wena project] wena wrist active Black WA-01A/B

32,971円(09/21 02:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

[wena project] wena wrist pro Silver WB-11A/S

[wena project] wena wrist pro Silver WB-11A/S

35,200円(09/21 02:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

まずは私も使用するSONYのスマートウォッチについて。

もともとのsmart watchは1,2,3というラインナップでした。

私が愛用するsmart watch3は周りがラバー製なのですが、結構剥げてきています。交換もできるのですが、5000円以上します。。。

そんなsmart watch3も販売が終了し、少し前からwena wrist という製品を発表してから方向性が大きく変わりました。

というのもwena wristにはおサイフケータイ機能がついてます。

そしてスマートウォッチ市場でも珍しい「バンド部分がスマート」なのです。

コンビニでお支払いの時、手首で触れればお会計が完了するというわけです。

ちなみにSONYからはバンド部分のみも売られていて、お気に入りの時計に装着できます!

お気に入りの時計がおサイフケータイになる。これはライフハックの鑑ですね。

 

2.fossil

 


時計メーカーのイメージが強いfossilは多くのスマートウォッチも出しています。

やはり時計メーカーだけあっておしゃれなモデルが多いです。

android wearに対応しているのでいろいろなことができます。

android wearはgoogle純正のスマートウォッチ用OSです。詳細は別途。。

fossilのスマートウォッチの一番の特徴はファッションの一部ととらえられる所かと思います。

電池持ちはまずまず。(1日は持つけど2日は持たない程度。)

 

3. huawei

 


watch 2というモデルがあります。

こちらはスポーツ用スマートウォッチです。

トレーナーのコーチング機能なども搭載しています。

防水機能も搭載、心拍数のモニタリングも可能なのでランニングが一歩未来化しますよ。

例えばGPSを利用して、コースやペースを改めて確認できたり、音楽を再生(オフラインで!!!)できたり、リアルタイムでランニングのアドバイスをしてくれます。

音楽は内蔵メモリに保存が可能なので、スマートフォンを持たなくても再生が可能です。

タッチスクリーンのみではなく、竜頭(周りのボタン)があるので、走りながらでも安定してボタンを押せるのが魅力です。

 

4.samsung

 



galaxy watchという商品は、今までのgalaxy gearからの進化版と言えます。

OSはTizenベースのWearable OS 4.0というものになり、こちらはandroidではありません。

マイナーなOSではないのでカスタマイズが全然できない!なんてことはないでしょう。

特徴はベゼルを回転させて操作が可能であるところ。

タッチが意外と面倒なことがあるんです。そんなときに物理的な操作ができるのは快適でお勧めです。

健康とフィットネスにとことんこだわったサムスンの自信作でしょう。

電池も5日は持ちそう。つまり寝ているときのトラッキングもできちゃいます。

随時更新します。