離乳食を食べなかった子がモリモリ食べるようになった方法


 

こんにちは。

こちらを読まれているのは、お子さんの離乳食への食いつきが芳しくない親御さんが大多数を占めていると思います。

食べてくれないとすごく心配になりますよね。

 

タイトルにもあるように、うちの子は今(1歳6ヶ月)でこそモリモリ食べてくれていますが、5ヶ月前の1歳1ヶ月まではほとんど食べてくれませんでした

5ヶ月半から始めた10倍がゆ。こちらは美味しくない顔をしながらも少しは食べてくれました。

 

しかし離乳食に慣れてきたころ、口に入れることはしてくれましたがすぐに吐き出してきました

たくさんのティッシュが短期間で無くなっていった記憶・・・笑

ミルクパンがゆは食べてくれたのですが、それ以外の、特にお米を使っているごはんは「オエッ」と言いながら吐き出す

ミルクパンがゆににんじんやカボチャなどの野菜を入れてみても、美味しくないと「んべー」と出してくる。

「離乳食 嫌がる フリー素材」の画像検索結果

流石にミルクパンがゆばかりをあげるわけにもいかない、しかし他に何も食べてくれない・・・

もうこのときは精神が参ってしまいそうでした。

 

他に何も食べなかったと書きましたが、野菜せんべいや小魚せんべいは食べてくれていました。

が、これはごはんではなくお菓子なので毎食あげるわけにはいきませんよね。

ビーンスターク 6つの野菜おせんべい 20g 6ヵ月頃から

ビーンスターク 6つの野菜おせんべい 20g 6ヵ月頃から

142円(09/24 03:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

私もネットでいろいろ調べたところ、やはり同じ悩みを持つ人は多いもので、

これをしたら改善した!というものを片っ端からやっていってみました。

 

例えば、

・与える離乳食を前の段階(今モグモグ期ならゴックン期のもの)に戻してみる

・手作りではなく市販のベビーフードを与えてみる

・しばらく期間を空けてからもう一度与えてみる

こんな感じのことをやってみました。

 

しかし結果は変わらず。

もちろん個人差があるので、上記のこともみなさん試してみてくださいね。

うちの子が合わなかったというだけで、これで克服する子もいると思うので。

「離乳食 嫌がる フリー素材」の画像検索結果

あ、ちなみにですが、やはり手作りよりもベビーフードの方が気はめっちゃ楽です。

せっかく作ったのに食べてくれない・・・」なんて気持ちにならないので。

もちろん「せっかく買ったのに」という気持ちにはなりますが落ち込み具合は全然違いますよね。

 

では、うちの子に試した方法を述べていきます。

 

1.ミルクと交互に与えてみる

 

これはミルクを20mlと離乳食を3さじほどを交互に与える方法です。

めんどくさい方法ではありますが離乳食を食べてくれるなら耐えられました。

 

が・・・いつも160~200mlを一気に飲んでいる息子からしたら20mlなんてめっちゃ少ないです。

「もっとちょーだい!!!」とそれはそれは泣き喚きます・・・。

その上ある程度慣れてくると離乳食は食べてくれなくなりました。失敗。

 

 

2.せんべいと一緒に与えてみる

 

うちの子がよく食べた野菜/小魚せんべい。これに離乳食を乗せて与えました。

これは結構効果がありました。しかし、その後離乳食のみに戻すと食べてくれない。。。

これは毎食お菓子をあげることになってしまうのでオススメしませんが、どうしても離乳食を食べさせたいときにはやってみてもいいかと思います

 

あと、もしお子さんがせんべいを食べずボーロとかの甘いお菓子が好きだったら、この方法は味覚が変になってしまうかもしれないのでその面でもオススメはしません。

 

 

3.好きな音楽をかけながら(テレビで再生しながら)与えてみる

「テレビ 赤ちゃん フリー素材」の画像検索結果

これもそれなりに効果がありました。

ふかふかかふか」や「ムーニーちゃん」、「アンパンマンメドレー」なんかをYouTubeで見せるとそっちに気が取られるのでその間に口に放り込みました。

 

あと、私が「もぐもぐごっくん!おいしいね♪」と楽しそうに言うとニコニコして機嫌よくなるのでこれも与えやすい方法です。

 

 

4.主に面倒を見ている人以外の人が与えてみる

 

ウチの場合は私(ママ)が母乳をあげたり離乳食を与えたりしていたのですが、

母乳やミルクを与えてくれる人にはやっぱり「離乳食よりもミルクちょうだい!」となるんでしょうね。

夫があげたときの方がいつもよりは食べてくれました。

双方の実家に帰ったときにおじいちゃんおばあちゃんがあげると夫よりも更に食いつきが良かったです

 

夫が仕事に出ている間はこの手は使えませんが、できるだけ家族みんなでご飯を食べる機会を作って試してみてください。

 

 

最終的に・・・

 

上記のことをしても食べない時は食べませんでした。。。

で、もういろいろ思い悩むのもしんどいのでしばらく諦めようと思いました。

母親失格かもしれませんが、気が向いたときに与えようと考えました。

 

あとは同じ生まれ年月の子の様子を調べたり目や耳に入れたりしないことを徹底しました

私はFacebookはやっていないのでわからないですが、Twitterだと#2017_may_baby(2017年5月生まれ)のようなハッシュタグがあります。それを絶対に見ないようにしていました。

見ているとついつい「この方のお子さんはもうこんなことができるんだ」「毎食完食してるんだ」と思いすごくすごく羨ましくて、つらくて。

こんなことしていたらいつか病んでしまうかもしれないと思い、育児に関するSNSは遮断しました。

「SNSを見ない フリー素材」の画像検索結果

するとめっちゃ気が楽になったんですよね。

無理に離乳食を与えない、他の子と比べないだけでずいぶん育児がしやすくなりました。

 

それから1歳1ヶ月ごろ、これまで軟飯をあげていたのをおもいきって普通の白飯に赤ちゃん用のふりかけをかけて与えました

そしたら・・・めっちゃパクパク食べる

これまで食べなかったのはなんだったのか・・・無駄になっていった食材たち。嬉しいけど複雑、いやでもやっぱめっちゃ嬉しいー!となりました笑

「離乳食 吐き出す フリー素材」の画像検索結果

よくよく考えると、おかゆやリゾットなどのドロドロ、ニチャニチャした食べ物がうちの子は極端に嫌いだったんだろうなと。

いつもオエッとなっていたのはそういう食べ物のときだったので。

 

 

こうしてうちの子はたくさん食べるようになりました。

ごはんのおいしさが分かったんでしょうね。

 

食事に関しては解決しましたが、他の面でまだまだ悩みはあります。

が、あまり思い悩まずゆっくり解決していけたらいいなと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!