↑THE HIGH-LOWS↓全アルバムレビュー!①THE HIGH-LOWS

 


ついにハイロウズのアルバムレビューに進みます。

ブルーハーツはこちら!

クロマニヨンズはこちら!

ハイロウズを書いていくにあたり、タイトルの矢印をどうするか悩みましたが、やっぱり無いとだめですね!

ってことで、最初のアルバム「THE HIGH-LOWS」から始めます!

 

 

グッドバイ

 

作詞・作曲:マーシー

 

まさかバンドとして最初の曲がグッドバイとは。ハイロウズはやってくれますね!

ブルーハーツからクロマニヨンズまで通して、別れの曲はあまりないんですよね。「見送り」とか「悲しいうわさ」とか。

この曲はぎりぎり送別会で上司に向けて歌っても失礼に当たらない歌だと思っています。僕は。

「もうこれで お別れですよ!」

の前にしっかりと「今までありがとう 本当にありがとう」

と言ってますからね。

別れも楽しく歌い上げるのがハイロウズです。

 

 

ママミルク

 

作詞・作曲:マーシー

 

歌詞はかなり少ない曲ですが、ライブではよく演奏されていたみたいです。

ライブでは間奏がどんどん長くなり、15分以上かけて演奏したこともあるそうな。笑

ハーモニカもギターもドラムもベースもピアノもかっこいい曲です。

ハイロウズらしいかっこいい曲です。

 

 

ミサイルマン

 

作詞・作曲:ヒロト

 

シングルはこの曲から始まったので正確にはハイロウズのスタートはこの曲でした。

ハイロウズらしい本当にかっこいい曲です。

南極から北極まで ジャングルからツンドラまで マンハッタンより安い

「なんか食わせろ なんか食わせろ なんか食わせろ こんなもんじゃねぇ」

食事時にピッタリの曲ですね。

ギターを演奏するには「ワウペダル」というものが必要になります。

これがあれば前奏や間奏の「ワウワウワウワウ」という音が出せるらしいです。

 

 

BGM

 

作詞・作曲:ヒロト

 

みなさんはどれくらい音楽を聴いていますか。

僕はほぼ常に聴いています。家の中ではレコードを聴き、外出するときにはイヤホンをつけています。仕事中はさすがに聴いていませんが、昼休みにはまた聴きます。

「靴履くとき ドアを開けるとき」

生き方を選ぶことが出来るのがBGMだと。結構本気で思っています。

ちなみに、ロンドンBBC 沖縄FENとはラジオ局の名称です。

イギリスのBBCは聞いたことがあるかと思いますが、沖縄のFENは初耳でした。調べてみるとFENは今はAFNになっているようですね。

 

ジュー・ジュー

 

作詞・作曲:マーシー

 

これは自由自由から来てると僕は思っています。

「やりたいことばかり 自由は溢れてる」

の歌詞のままですね。

「昨日はお金を燃やした 燃えるのが見たかったから」

自由とかいうレベルじゃないですね。笑

 

 

ツイスト

 

作詞・作曲:ヒロト

 

ブルーハーツの頃にはなかった雰囲気の曲です。

ツイストはエルビスプレスリーを思い浮かべたときにセットで出てくると思います。

こんなやつです。

エルヴィス 監獄ロック [DVD]

エルヴィス 監獄ロック [DVD]

エルビス・プレスリー, ジュディ・タイラー
1,044円(11/24 22:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

ライブで聴けたら本当に楽しかっただろうなぁと思います。

 

 

スーパーソニックジェットボーイ

 

作詞・作曲:マーシー

 

ローリングストーンズの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」丸出しの曲ですね。マーシーはストーンズが好きです。

2019年、ローリングストーンズ展が開催されていますが、二人はコメントを寄せています。

マーシーのコメントに

「ザ・ローリングストーンズを見るということはロックンロールを目撃するということだ」とあります。

マーシーの中ではローリングストーンズ=ロックンロールなのですね。

「この馬鹿をちょっと見てみろ 俺は楽しけりゃいいんだ」

楽しけりゃいい。ってのは本当にこの2人を見てると感じます。

 

 

なまけ大臣

 

作詞・作曲:マーシー

 

この曲でも「ステレオ」という言葉が出てきます。

平成生まれの僕にはなじみのないものです。ブルーハーツのラブレターでも出てきます。

簡単に言うと音を出すセットのことですね。

やりたくないこた やりたくないんだ やりたくないこた やめりゃいいんだ

これにつきます。なまけるってそういうことですね。楽しいことは頑張る。やりたいことは頑張る。でも、やりたくないことはやらない。

だらだらしてるだけではだめなのです。まあだらだらしたい人はだらだらするのがやりたいことなのかもしれませんが。

 

 

ヤ・バンバ

 

作詞・作曲:ヒロト

 

野蛮。バ。 ヤバンバってなんでしょうね。

「うるせえばばあ くそばばあ うるせえばばあ くそじじい」

という歌詞を考えると「やまんば」とかけてるのかもしれません。

「表彰台には 地雷を仕込め エルの染み込んだ賞状渡せ」

のエルとはLSDという薬物を指すんだと思います。

ヒロトにしては恐ろしい歌詞ですね。

 

 

ビッグマシン

 

作詞・作曲:ヒロト

 

完全に下ネタです。バイクとエロが好きなヒロトからするとこんな曲を作るのはお手の物なんでしょう。

「きゅうりとサクランボ」これで確定ですね。

「オイルとガソリンと空気が燃えちゃった」というのはエンジンの中のピストンを連想しますね。

歌詞に出てくるデルタブルースとは初期のブルースミュージックを指すそうです。そして、それが始まったのがミシシッピ川流域。

これで歌詞の意味が繋がりましたね!

 

 

バナナボートに銀の月

 

作詞・作曲:マーシー

 

なぜかずっと月の湖にバナナボートが浮かんでいるのを想像しながら聴いていましたが、バナナボートに銀の月な訳で、銀の月にバナナボートではないんですねえ。

歌詞からもわかる通り、バナナボートと銀の月という意味のタイトルですね。

ちなみに歌詞では

「バナナボートに銀の月 そして君がいてくれれば」となっています。「おかんと僕と時々おとん」みたいな感じですね。

違いますね。すみません。

ちなみにボーカルはマーシーです。つまりハーモニカがかっこいい曲です。

ちなみにハーモニカのことをブルースハープと呼ぶ方がいますが、ブルースハープは商品名なのです。

ギターのことをレスポールと呼んでいるようなものです。恥ずかしいのでやめましょうね。

 

 

日曜日よりの使者

 

作詞・作曲:ヒロト

 

これが一番有名な曲ですね。

松本人志さんのことを歌った曲だと言われていますが、僕はあまり信じていません。笑
ヒロトが自殺をしようかと悩んでいたときに、ごっつええ感じに出演する松本人志を見て、「俺まだ笑えるじゃん」と思って自殺を思いとどまった。そのときに作った曲。

と言われています。

が、僕はあまり信じていません。

ヒロトが自殺をしようと思った。というのが信じられません。

まぁブルーハーツの解散など、いろいろ悩んだ時期だったかもしれませんが、自殺は考えないでしょう。

 

 

ブルーハーツとは一気に変わった感がありますね。

ブルーハーツの頃はそこそこ売れそうな曲を作っていたのが、ハイロウズになってやりたいことを100%やれるようになってきたような、そんな感じがします。

それはクロマニヨンズで更に色濃くなっているわけですが。

どんどんかっちょよくなっていくこの2人から、目が離せませんね!

 

 

続きはこちら!